有料版記事のあるべき姿

 

 

 

f:id:oharumo703:20180613222045j:image

 

 

 

こんにちははるもです。

 

 

最近Twitterを見ていると何やらDMの有料記事とやらが話題になっているらしいです。

 

 

要はお金を払った人にだけ読めるDMのデッキレシピや、定期記事のことを総称してそう呼んでいるようです。

 

 

似たような仕組みをちょっと昔にカードキングダムさんが導入していて、お店でBOXを買うと(確かそんな条件だったような気がする)店員さんが考えたシークレットテクニックを詰め込んだデッキレシピも合わせて貰えるXデッキといったものがありました。

 

 

後者に関しては中身に関わらず「ああ、カードキングダムさんが考えたレシピなんだったらきっと強いし面白いんだろう、試しに買ってみようかな」と惹かれる要素は多い。しかし前者に関しては購入するにあたってかなり博打要素が多い。

 

 

購入の際、一番の決め手となるのは恐らく『誰が書いたか』であり、値段はその次のような気がしてならない。

 

 

超大手の方が書けばそりゃある程度の値段出してでも読みたいと思うのが当然ですよね。

 

 

しかしそれだと例えば無名の人がどんなに最高のギミックを詰め込んだ良い記事を書いても埋もれちゃうんじゃないかと思うんです。

 

 

私の思う理想の有料記事って『中身何書いてるのか知らないけど、ちょっと読んでみたいかも……』って好奇心をくすぐる記事、

 

 

男性陣なら気持ちは痛いほどに分かると思う

 

 

 

 

 

すなわちエロ本の袋とじのような記事なのである。

 

 

そこで今回は私が思う理想の有料記事のサンプルとして、最近私が使用しているジョーカーズを、皆様に無料でエロ本の袋とじのように、紹介していきたいと思います。

 

 

※この先過激な表現が含まれる為18歳未満の閲覧を禁止します

 

 

 

 

――――――――――――

 

 

 

 

f:id:oharumo703:20180613215641j:image

 

 

リストがこちら

 

 

f:id:oharumo703:20180613215758j:image

 

 

見てわかる通り、もちろんカード達も全裸です

今回の撮影の為にスリーブを脱いで、全裸になってもらいました。

 

 

f:id:oharumo703:20180613215835j:image

 

 

全裸の為、もちろん普段人には見せられない手垢や傷がこ〜んなに……♥

 

 

 

f:id:oharumo703:20180613215929j:image

 

 

洗脳プレイもお手の物……♥

バルチュリスも寸止め状態

 

 

 

f:id:oharumo703:20180613220423j:image

 

 

「ガヨウ神先生……やめて……!」

バカドローがジェニーを襲う……

これぞハンデスプレイヤー連続イキ無限リソース地獄

 

 

 

f:id:oharumo703:20180613220619j:image

 

f:id:oharumo703:20180613220629j:image

 

…………。

 

 

 

f:id:oharumo703:20180613220656j:image

 

 

「よかったのう〜〜〜〜〜〜♥♥♥」

「あっ♥いけませんお殿様♥石油漏れちゃうううううううう♥♥♥♥♥♥」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:oharumo703:20180613220756j:image

 

ヤッタレマン……♥

 

 

 

 

――――――――――――

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

 

こういった前置きがある記事なら好奇心をくすぐるし、誰が書いていても購入する中身になるんじゃないでしょうか。

 

 

ちなみに私なら絶対に買いません。

 

 

 

 

 

6月13日

 

 

はるも

 

奇術士ダイゴヨウ

 

 

 

こんにちは、はるもです。

 

 

突然だがみなさんは覚えているだろうか、松川CSを

 

 

 

 

 

 

 

松川CSとは:負け上がりトーナメントで会場最弱を決める上何かしら買わされるドブトーナメント。ちなみに筆者は一度優勝している。

 

 

正直言ってまともじゃない。けど、不思議と人が集まる。集められる。半ば強制的に。

 

 

俺だってそうだ。「来い」と言われたら「お言葉ですが組長、今日発売のエッチなゲームをプレイしたいんで定時退社させてください」と返してやれば済むことなのだ。この日だってそうだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのになぜ俺はまた決勝の舞台に立っているんだ。

 

 

 

 

 

————―——―——―

 

 

 

 

 

今回使用したデッキは「奇術士ディール/本日のラッキーナンバー!」入り赤青バイク

 

 

f:id:oharumo703:20180425182222j:image

 

 

f:id:oharumo703:20180425182243j:image

本日のラッキーナンバー入り赤青バイク

 

 

 

勝算はあった。流行りのジョーカーズにはラッキーナンバー3を宣言でセンノーを止め、かたや赤青白ドギラゴン剣には5宣言で最速チュリス剣を止める。おまけに受け札として積まれていたホーリーも止めることだって可能だ。

 

 

勝算はあったのだ。

 

 

なのに何故だ?何故決勝戦を迎えている?

 

 

思い返せば1回戦、決勝でなぎさと激闘を終えたばかりの組長にドゥシーザグリギャン無月の門ニトロでボコされ、2回戦は人生かけたジャスキルをおーば操る赤青剣にホーリーで返され、準決勝はメメント入りのゲイルに処され……

 

 

もしかしてこのデッキ弱いのでは……?

 

 

思い返してみれば本戦は1-4

とても反骨心からチョイスしていいデッキではなかったのである。

 

 

それでも何かがおかしい、と違和感に襲われつつ、首を傾げつつも迎える決勝戦

 

 

相手は……見たことがない子だ……。

 

 

いや、本当に可愛そうでしょうがない

恐らく人数合わせで突っ込まれたのだろう。

だがすまない、これも勝負の世界。どうせここまで残っているということはご自慢のおもちゃデックに違いない。きっちり勝たせてもらおう。

 

 

 

 

 

ミスキュー効果!!!グラスパー!!!!ループ入ります

 

 

 

 

f:id:oharumo703:20180425183414j:image

 

 

 

 

何が1番やばかったってファンパイ効果で本日のラッキーナンバー!がめくれて召喚ロックされたこと。これは新しい発見だった。

 

 

 

それ以降の記憶が無い。あるのは早く帰ってリドルジョーカーをプレイしたいという想いだけ。

 

 

 

 

 

―――――――――――

 

 

 

 

 

さて、松川CSと言えば景品。これまで追いゴミ布、粉ミルク、シャボン玉、エロ本と、数々の豪華景品が用意されている。

 

 

ただ問題は貰えるのではない、お買い上げである。

 

 

気になる今回の景品は〜〜〜〜!?!!!?!

 

 

f:id:oharumo703:20180425183928j:image

 

 

爆丸爆スロンDX!!!

 

 

君のシュートスピード、コントロールを測定!爆スロンBLACKステージに挑戦だ!

※本製品には爆丸は付属しておりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:oharumo703:20180425184133j:image

 

 

が2つ

 

 

繰り返しになるが※本製品には爆丸は付属しておりません。

 

 

クソ邪魔である。車じゃなかったら死んでた。

 

 

こんなゴミをチョイスできるゴミの顔が見てみたい……。

 

 

 

 

まぁ俺なんだけど

 

 

商品選んだの俺なんだけど。見てるか?昨日の自分?深夜1時の万代で景品を選んでいる時に「いや〜〜〜こんなクソでかいゴミ渡されて持ち帰る時どんなリアクションするか見てみたいwwwwww」とか言ってたよな?

 

 

実際持ち帰る時、後部座席に放り投げて音楽もかけずに無言で帰宅だぞ?わかってるのか?

 

 

悪いことをすると全部自分に跳ね返って来ることは本当でした。今後は気をつけます。

 

 

ちなみに準優勝だった9間くん、選んだ景品は

 

 

f:id:oharumo703:20180425191207j:image

 

 

(電池液漏れの為)鳴らない!光らない!DXダイゴヨウ!

 

 

これまたゴミである。可愛そうに……。

 

 

f:id:oharumo703:20180425191313j:image

 

 

ゴミを買わされ本人もこの様子。怒っても当然である。

 

 

しかしGP前日……

 

 

f:id:oharumo703:20180425191408j:image

 

 

は???????????

 

 

f:id:oharumo703:20180425191438j:image

 

 

いや、連れてくのかよ

邪魔だろ絶対

 

 

なんだかんだ気に入っててほっこりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:oharumo703:20180425191524j:image

 

 

そういうことかよ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年4月25日

 

 

はるも

墓地ソースで勝つために必要なこと(レポート編)

 

 

 

〜前回までのあらすじ〜

 

http://oharumo703.hatenablog.com/entry/2018/01/15/181015

 

 

墓地ソースで勝つために無事墓地ソースとなったはるも

 

 

店を潰す一心でGODをペナ辞めした彼は果たして勝てる身体になったのだろうか

 

 

 

 

 

一一一一一一一一一一一一

 

 

 

 

こんにちは。はるもです。

 

 

前回の続きでレポート編になります。

 

 

 

 

 

 

 

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………と、言いたいところなんですが、今回は1戦だけをピックアップしてカバレージという形でお送りしたいと思います。

 

 

え?めんどくさがってるのか?

 

 

いや、違うんです……レポートもちゃんと取ってるんですが、如何せんパッとする試合内容が無かったんです。

 

 

ただ、1戦を除いて

 

 

 

 

 

一一一一一一一一一一一一

 

 

 

 

 

「1番卓から呼んでいきまーーーーす。しろさん、はるもさん」

 

 

 

店員の声がフロアに響く。

最初は聞き間違いだと信じたかった。筆者の1回戦の相手はいわや。

 

 

福島が誇るキセキの男、遂に相見える時が来るとは。

 

 

いわやの使用デッキは大方予想はついていた。当時環境トップを走り続けた白緑メタリカだ。

 

 

根拠はあった。予選が始まる前真後ろでフリーしていたいわや。その時使っていたのがメタリカだったのである。

 

 

最初はいつも通りNEXTかと思っていたが、以前は緑単ループも回していたイメージもあり、メタリカを使用することに違和感は無かった。

 

 

「デッキ、バレてるんだよなぁ……」

 

 

対戦準備を進める中ため息混じりで消沈するいわや。

 

 

そう、バレているのである。残念だったないわや、バレバレだ。

 

 

筆者の使用は墓地ソース。メタリカだって先攻後攻次第では楽に取れる。

 

 

筆者はアホだが、多少のブランクはあっても立ち回れると思っていた。

 

 

お互いの山をカットし終わり対戦準備を終えようとした所で、椅子の位置を直そうとテーブルの下を見ると1枚のカードが。

 

 

「あ、これいわやのデッキの1枚じゃね?」

 

「うわ、ごめんなさい」

 

「いや、いいよ切り直すから」

 

 

そう言いその1枚を混ぜ、枚数確認した上でカットし直した。

 

 

見えてしまったのだ。本当に偶然。見えてしまったのだ。

 

 

拾う時に見えてしまったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:oharumo703:20180313223718j:image

「スナイプモスキート」

 

 

 

普通のDMPならば、普通のDMPならばだ、こんな思考になるはずだろう

 

 

「ああ、スナイプモスキートを使うデッキだったんだ。今の環境だと、そうだなぁ、一番妥当なのは成長ダンテ。それかまぁべアフガンとかも考えられるなぁ。」

 

 

どんな人でもこれくらいの思考は考えつくはずだ。

 

 

しかし筆者は違った。繰り返しになるが、アホなのだ、筆者は。

 

 

 

 

 

 

 

(スナイプモスキート入り白緑メタリカ!?!!?!???!いいいいいいわや本気か!!???!??!)

 

 

 

 

 

……。

 

 

おわかりいただけただろうか。こんなやつがレポートなどおこがましいにも程がある。

 

 

ここまで来ると墓地ソースとかどうでも良くなってきた。

 

 

頭の中は既にスナイプモスキート入り白緑メタリカで頭がいっぱいになっていた。

 

 

混乱が続くまま無情にも1回戦開始の合図が告げられる。

 

 

じゃんけんの結果先攻を取ることに成功。

 

 

ハンドにアツトノロンが無く、早い段階で墓地を増やすプランは取れなさそうだった。

 

 

ハンドを見る限り、出せそうな2コストクリーチャーはオニカマスのみ。

 

 

右手を光らせ、ワルスラを引っ張ってくるしかなさそうだった。

 

 

対するいわや、初手チャージが《未来設計図》

 

f:id:oharumo703:20180313225922j:image

 

 

後々思い返してみると、この設計図チャージはかなり効いた。なぜならまだ筆者は対戦相手のアーキタイプが『スナイプモスキート入り白緑メタリカ』だとばかり考えているからである。

 

 

帰ってきたターンでマナチャージ、2マナをタップオニカマス召喚。

 

f:id:oharumo703:20180313230702j:image

 

結局ワルスラも引けず、爆撃男も無い。これは流石に終わったか……と半ば諦めていた、目に見えない白緑メタリカと一人相撲し続けている筆者。衝撃の結末を迎えるとも知らずに。

 

 

いわや、少し考えた末

 

 

 

 

 

 

 

 

「負けました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(ハンドを見せながら)」

 

 

 

ぼく「?!?!!?!????!」

 

 

……。

 

 

……。

 

 

 

???????????????

 

 

 

 

相手、成長ダンテなんだけどどういうこと?????????????????????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

一一一一一一一一一一一一

 

 

 

 

 

墓地ソ男、結果は4-2で惜しくも予選落ち。自分のアホさ加減に呆れつつも一応、なんとか勝ち越しできました。

 

 

結果、プレイヤーが墓地ソースになっても脳みそが墓地ソースだと勝てないということが証明されました。

 

 

この1戦は自分のDM史に残ると思います。

 

 

本当に恥ずかしい。

 

 

 

 

 

 

墓地ソースで勝つために必要なこと

 

 

 f:id:oharumo703:20180115164307j:image

 

 

 

こんにちは。はるもです。

 

 

先日行われた第8回ホビステ仙台駅前CSに参加してきました。

 

 

12月の頭に出た湯沢CS以来なので、このご時世1ヶ月ぶりのCS参加となるとかなり久しぶりに感じられます……。

 

 

そんな男がメタ読みなど出来るはずもなく、毎回恒例の「組んだはいいが、ストレージの肥やしになってる環境デッキからひとつ選ぶ」ハメに。

 

 

そんな男が今回チョイスしたのは『墓地ソース』

 

 

f:id:oharumo703:20180115161445j:image

 

 

 f:id:oharumo703:20180115161453j:image

 

 

ワルスラの登場でリソースを稼ぎつつ細かく殴ることができ、ラフルルを活用しトリガーの厚いデッキにも無理なく突っ張ることができるようになったため、使っていて楽しいアーキタイプという印象でした。

 

 

f:id:oharumo703:20180115161540j:image

 

 

f:id:oharumo703:20180115161550j:image

 

 

ここ最近登場したイワシンや爆撃男もデッキの性質に非常に噛み合っており、強力なエンジンを手に入れています。

 

 

ただやはりなんと言っても

 

 

f:id:oharumo703:20180115162013j:image

 

 

f:id:oharumo703:20180115162023j:image

 

 

フィニッシャーの2体がアホほどカッコいいんですよね……。

 

 

特にGT。新規のやつ、オレ好みのモノ。

 

 

墓地を貯めながら刻んでいき、大型フィニッシャーを早期に召喚する派手なギミックが使っていてとても楽しく、デッキ選択はあっという間でした。

 

 

使うデッキが決まればあとはひたすら1人回しと枚数調整。しかしここで問題が発生しました。

 

 

アツトノロンが引けない

イワシンワルスラが揃わない

そもそも墓地が貯まらない

 

 

なら枚数調整の出番

 

 

爆撃男、ラフルルの枠を断腸の思いでシンカイタイフーンにしてもう一度

 

 

アツトノロンが引けない
イワシンワルスラが揃わない
そもそも墓地が貯まらない

 

 

 f:id:oharumo703:20180115165247j:image

 

 

その時悟りました。

 

 

「枚数調整を重ねても揃うものが揃わなければ意味が無い」

 

 

じゃあどうするか?

 

 

なるしかねえだろ、俺自身が『墓地ソース』によ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:oharumo703:20180115165357j:image

 

 

 

というわけで今回は人生の墓地ソースこと、パチスロで真の墓地ソース使いになりたいと思います。

 

 

自分の周りにはパチスロで単位や時間、人間関係までも墓地に落としている人が多々見られたため、今回の聖地としてうってつけだと考えました。

 

 

 

今回の使用構築はこちら

 

 

f:id:oharumo703:20180115170144j:image

 

1000円札×5

 

5000GTとかけました。たしか足りないパーツを買い足した時も5000円くらいかかったんで同じ額ぶち込もうと思いました。

 

 

f:id:oharumo703:20180115170720j:image

 

ミリオンゴッド〜神の何とかかんとか〜

 

正直なんでも良かったんですけど宗教上の理由でGODのGAMEって文字見たら身体が勝手に着席してました。

 

 

 

 

ではさっそくやっていきましょう。

 

 

1クレ目

 

 

f:id:oharumo703:20180115170609j:image

 

 

終了

 

 

2クレ目

 

 

f:id:oharumo703:20180115171500j:image

 

 

終了

 

 

3クレ目

 

 

f:id:oharumo703:20180115171525j:image

 

 

終了

 

 

4クレ目

 

 

f:id:oharumo703:20180115171554j:image

 

 

終了

 

 

5クレ目

 

 

f:id:oharumo703:20180115171619j:image

 

 

終了

 

 

 

 

は?

 

 

いや、は?なんだこのクソゲー

つ、つまんね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

5000円が数分で溶けた!すごい!

 

 

 野口墓地ソースが完成した瞬間であった。

 

 

 

 

 

本当に虚無でした。開いた口が塞がらないとはこの事だといった感覚でした。

 

 

たが気分は最高に墓地ソースになりました。墓地ソ使う身としては最高です。

 

 

果たして墓地ソ男は墓地ソースを使って勝てるようになったのか。レポート編へ続く。

 

 

 

 

1月15日

 

 

はるも

感謝

 

 

 

 

 

年の瀬一哉

  

f:id:oharumo703:20171231223450j:image

 

 

なんつって

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。はるもです。

 

 

今年ももう終わりですね。

 

 

2017年は社会人1年生となり、殿堂後のDMのように環境も変わった1年でした。

 

 

仕事がシフト制のためCSに出る機会が減り、学生時代のように土日をフルにDMに割くことが難しくなりました。

 

 

しかしそんな中でも松川組のみんなはいつ会ってもアホみたいにつるんでくれるし、中野会のメンバーは毎日夏休みだし、他のみなさんも優しく接してくれて、本当に恵まれた環境でDMができたと感じています。

 

 

改めて、ありがとうございました。

 

 

2018年も変わらず仲良くしてくれたら嬉しいです。

 

 

驚くことにこのブログを書き始めて色んな方と繋がりました。

 

 

対戦前とかにも何回か声をかけていただくこともあり

 

 

「いつもブログ読んでます!」

 

 

ありがとうございます。励みになります。

 

 

神社の方ですよね?

 

 

あながち間違っちゃいないけど神主ではないぞ。

 

 

意味不明な記事ばっかだけどちゃんと読んでくれてる人がいるんだなぁ、と自分の中で実感が湧いてきています。

 

 

変わらずのクソブログですが、2018年も何卒よろしくお願いします。

 

 

良いお年を!

 

 

 

 

12月31日

 

はるも

楽しみ方を間違えた

 

 

 

 

ふと我に帰って、気がついたら記事を書いていた。

 

 

 

 

────────

 

 

 

 

こんにちは。はるもです。

 

 

皆さんは最近配信開始されたどうぶつの森ポケットキャンプ』はご存知でしょうか。

 

 

f:id:oharumo703:20171204120500j:image 

 

 

初めはガセと言われていたが、あのどうぶつの森シリーズがついにスマホ版で登場しました。

 

 

どうぶつの森シリーズと言えば、家庭版と携帯ゲーム機版は大ヒットを起こしている任天堂の看板作品のひとつとも言えます。

 

 

どのシリーズでも、主にどうぶつたちの住む村の住人となり、交流しながら村を繁栄させていく、といった流れになっています。

 

 

そんな今作のどうぶつの森はと言うと、主人公となる我々がキャンプ場を運営し、同じようにキャンピングカーで旅をするどうぶつたちと交流しながら自分の作ったキャンプ場へ招待する、といった設定になっています。

 

 

先述しましたが、今までのシリーズでは一つの村に住人が住み、出会いと別れを繰り返しながら村を繁栄させていく、というのが主な設定でした。

 

 

しかし今作では時間と共に出現するどうぶつが入れ替わりし、お願いを叶える事で好感度を上げていく、一見するとギャルゲーのような作りになっています。

 

 

この好感度がMAXになると、このゲームで言うところの経験値が上昇し主人公のキャンパーとしてのレベルが上がる、というのが大まかな流れになっています。

 

 

このギャルゲー好感度システムとキャンパーレベルについて事項では深く掘り下げていきます。

 

 

 

 

────────

 

 

 

 

じゃあどうやって好感度上げんのよって話になるのですが、主に2つの方法があります。

 

 

実際のゲーム画面を用いながら解説していきます。

 

 

まずこのようなマップ画面から行きたい場所と会いたいどうぶつを選びます。

 

 f:id:oharumo703:20171204115245p:image

 

 

場所を選んだらタップして会話

 

 

f:id:oharumo703:20171204115314p:image

 

 

ここで赤く出ている会話、これが好感度を上げるが方法その1となります。

 

 

これは出現すると1回しかできず2回目以降は話題がないと返されます。

 

 

雑談するだけで好感度上がるなんてぼくみたいな陰キャには優しい世界すぎてボロボロ涙が出てきました。

 

 

次にその上にある『これどうぞ』のコマンド

 

 

これをタップすることでそのどうぶつが欲しいとする素材(虫や魚、果物など)を提供し、好感度を上げることができます。

 

 

 f:id:oharumo703:20171204115550p:image

 

 

f:id:oharumo703:20171204115617p:image

 

 

このように素材を提供することで、どうぶつたちから家具を作るための素材を貰うことができます。

 

 

f:id:oharumo703:20171204115700p:image

 

 

これが好感度を上げる方法その2となります。

 

 

これは会話と違って出現すると3回までおねがいを叶えることができます。

 

 

好感度が上昇すると左上にある経験値がどんどん溜まっていき、MAXになるとキャンパーレベルが上昇します。

 

 

ここまでが好感度の話。

 

 

じゃあこのどうぶつたちはお願い叶えたらどうなるの?って話になるのですが、今作品ではここにソーシャルゲーム的要素が含まれています。

 

 

f:id:oharumo703:20171204121143p:image

 

 

マップのどうぶつが先ほどと変わっているのがわかりますか?

 

 

左下に『いなくなるまで〇〇時間』とありますね。

 

 

要はどうぶつたちは一定時間が過ぎるとエリアからいなくなり、次にまた別のどうぶつたちが入れ替わりでやってくるというシステムになっています。

 

 

ここまではゲームをやった人からすれば当然知ってることですよね。

 

 

このキャンパーレベルが上がるにつれて登場するどうぶつが増えたり作れる家具の種類がどんどん増えていきます。

 

 

 

 

 

────────

 

 

 

 

始めのうちはゲームの仕組みを理解するのにゆっくり時間をかけてやっていたのですが、レベルが上がるにつれて遊びの幅が広がるのであれば、まずはレベル上げを重視した方が良いのでは?と考えるようになりました。

 

 

このゲームにおいてレベルを効率よく上げるにはどうすれば良いか考えた結果、大きく3点の事がわかりました。

 

 

まず1点目、3時間に1回は起動してお願いを叶えるということです。

 

 

これはまぁ当然といえば当然のことです。3時間に1回決まった時間で入れ替わるならそのタイミングでお願いを叶えて経験値を稼いだ方がいいですよね。

 

 

2点目はリーフチケットをすべてアイテムスロット増築に使うということです。

 

 

リーフチケットとは、何か時間のかかるアクションをするたびにその時間を短縮することができる、いわゆる課金アイテムです。

 

 

しかし普通のソーシャルゲームのようにこのゲームにもミッションが設けられており、達成すると無課金の人でもリーフチケットが手に入れることができます。

 

 

私は仕事の関係上15分の休憩が細かく設けられているので、起動してから実際にプレイ出来る時間は10分もありません。

 

 

なので私はこのリーフチケットを全て使い、アイテムの持ち上限を増やすことにしました。

 

 

なぜなら現在手に入る素材の種類は全部で20後半〜30くらい(だったような)なので、言ってしまえば全ての素材を10個ずつ持っていればいちいちお願いを叶えるたびに素材を取りに行く手間が省けるからです。

 

 

お願いを叶えたなら空いた時間で減ったアイテムを補充し、どうぶつが入れ替わるまで待つ。

 

 

こうすることで、短いプレイ時間でも効率よくどうぶつのお願いを叶えることが出来ます。

 

 

3点目は、フレンドを作らないことです。

 

 

ちゃんと補足すると、ここでは『アクティブではないフレンドを作らない』という意味です。

 

 

スマホどうぶつの森においても他のソーシャルゲームのようにフレンド機能が実装されています。 

 

 

仮にフレンドを作っていないと

 

 

f:id:oharumo703:20171204194755p:image

 

 

このように知らない誰かがどうぶつたちと同様ランダムにエリアに出現します。

 

 

エリアに出現すると、その人のキャンプ場へ行けたりできますが、注目する機能はバザーです。

 

 

f:id:oharumo703:20171204194941p:image

 

 

いらないアイテムを選択し、バザーに出すことでこのように

 

 

f:id:oharumo703:20171204195005p:image

 

 

商品として買うことができます。

 

 

バザーの一番の狙い目としては果物。

特に、なし、さくらんぼ、ももです。

 

 

なぜならこれらのくだものは3時間に一度しか回収できず、りんご、オレンジヤシの実と違い、木が村に1本ずつしか生えていないからです。そのためこれらのアイテムを他所から補充できるのが最大の魅力となっています。

 

 

(※12月8日追記

村に2本生えてる果物の木はランダムらしいです。失礼いたしました。)

 

 

ここで一旦フレンドの話に戻ります。

 

 

先ほどお話したフレンドですが、仮にフレンド登録した人がいると高確率でエリアに出現するようになるのです。

 

 

そのため別にそんなにアクティブではないユーザーとフレンド登録してしまうとせっかくのバザーで素材を補充するチャンスをみすみす捨てていることになるのです。

 

 

そのため私はフレンド登録の無意味さを痛感し、最初に登録した一人を除いて一切行なっていません。

 

 

卍†ソロプレイヤー†卍として活動することで真のサイクルが誕生するのです。

 

 

 

 

 

────────

 

 

 

 

 

スマホ版が配信された直後、無性にDS版がやりたくなり、実に小学6年以来にその電源を入れた。

 

 

村の雑草はボーボーで村のどうぶつにも「お前誰だっけ?……ああお前か!」みたいなリアクションを取られる始末。

 

 

半分笑いながら村をゆっくりと回る。

 

 

静かに流れる海と川。

 

 

化石を掘りに外へ駆け回り、疲れたらカフェ行ってひと息つく。

 

 

ふと、自分はスマホを片手に何をしていたのかと、自問した。

 

 

どうぶつの森というゲームは時間を忘れどうぶつたちとほのぼのスローライフを送るゲームではなかったのか?

 

 

なぜ私は時間に追い詰められながらどうぶつたちの願いを叶えるために馬車馬のように走り回らなければならないのか?

 

 

時には自然のバランスを壊しかねないほど魚や虫を乱獲し、またある時には果物が出品されておらず見知らぬ他人に舌打ちを連発した。

 

 

自分はいったい何のためにこのアプリをやっていたのか。

 

 

ふと思い立って自分のキャンプ場を見てみる。

 

 

f:id:oharumo703:20171204224824p:image

 

 

四天王戦前かよ

 

 

このゲームのメイン要素であるはずのキャンプ運営を完全に放置しレベルを上げることだけに専念していた男の末路である。

 

 

気がついたらアプリは起動しなくなっていた。

 

 

 

 

 

────────

 

 

 

 

 

このゲームをソーシャルゲームとして捉えていたのがそもそもの間違いで、『どうぶつの森』としてプレイしていたらもしかしたらもっとのめり込んでいたかもしれない。

 

 

むしろ早い段階で気づけたのは良かったのかもしれない。

 

 

もう少し時間を置いたら再開してみようかなと思います。

 

 

みなさんもぜひキャンパーとして素敵な生活を送ってください。

 

 

 

12月4日

 

 

はるも

黒タイツ似合う文明開拓記

 

 

 

こんにちは。はるもです。寒くなってきましたね。

 

 

もう山の方では既に雪が降ってるところもあるのではないでしょうか?

 

 

突然ですがみなさん、冬と言えば何を想像しますか?

 

 

私は何と言っても『黒タイツ!』

 

 

f:id:oharumo703:20171117225711j:image

 

 

あの網目といいシルエットといい最高ですよね。

 

 

私は冬になると健康の為に、黒タイツから出汁をとった黒タイツ鍋を食べていたのですが、今年もそろそろそんな時期ですかね。

 

 

黒タイツの目的は主に防寒ですが、ファッションとして機能させるならスタイリッシュに履きこなしたいですよね。

 

 

そもそも黒タイツが似合う脚ってどんなの?って話になるのですが、やはり

 

 

程よい肉付き、だけども細く、且つ長い。

 

 

この3点ではないでしょうか。

 

 

簡単には言うけれど、モデルさんじゃなきゃリアルの人間じゃなかなか見つけるのは難しいんじゃないの?ってなりますよね。

 

 

そこでふと思ったのですがクリーチャー世界にも黒タイツが流行するのであればこれらの3点を満たすクリーチャーなんかわんさかいるのではないでしょうか。

 

 

幸い、長い長い歴史と共にできたカードプールは広く、今となっては様々な特徴を持ったクリーチャーは多くいます。

 

 

そこで今回は

①程よい肉付き

②細い脚

③長い脚

 

 

以上の3点を満たしたクリーチャーを独断と偏見で選んだのでご紹介し、最強の黒タイツ文明を開拓していこうと思います!

 

 

 レ〜〜〜〜〜〜ッツタイツ!!!!!!

 

 

 

 

 

────────

 

 

 

 

 

 ① 粛清者アイザク

f:id:oharumo703:20171117165237j:image

 

 

脚が長く、細い。そして程よい肉付きを満たしたエースクリーチャーがいました。

 

 

おまけに脚が6本もあるので1体につき6タイツも味わうことが出来ます。

ん〜〜〜〜〜〜コスパがいい!

 

 

 

 

 

 

②大地の超人

f:id:oharumo703:20171117225937j:image

 

 

こいつ見てビビったのが屈強な身体付きなのに脚がものすごくシュッとしてるところ。

 

 

ランウェイでも歩いてんのかよってくらい姿勢いいですし黒タイツ履かせたらすごいことなりそう。いや、超人には厳しいか。

 

 

 

 

 

 

 

③ 燃えるデッドソード

f:id:oharumo703:20171117230316j:image

 

 

太もも周りから足首にかけてのラインが美しすぎる……。

 

 

腰も細いですし何着せても似合いそうな身体が高評価です。

 

 

 

 

 

 

 

④アクアスーパーエメラル

f:id:oharumo703:20171117231025j:image

 

 

ねっとりしてて、細い脚。腰からつま先にかけてのラインがたまりません。

 

 

パンプスみたいなの履いてるから黒タイツとのシナジーが良さそう。

 

 

 

 

 

 

 

⑤光輪の精霊シャウナ

f:id:oharumo703:20171117232817j:image

 

 

そもそもこれ脚なのかって所の議論から入ります。

 

 

凹凸もなくシュッと下まで伸びている脚や、何と言ってもこの神々しさ。

 

 

エンジェルコマンド×黒タイツこそまさに今年のトレンドと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

 

────────

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

今回は一部だけの紹介でしたが今後もカードプールを更に深く掘り下げて黒タイツ文明を開拓していきたいと思います。

 

 

「なんでこいつを取り上げないんだ!タイツ履く為みたいな脚してんだろ!?」って意見、バンバンお待ちしています。ぜひTwitterの方にお問い合わせください。

 

 

みなさんもぜひお好みのクリーチャーにタイツ履かせようぜ!

 

 

レッツタイツ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS.

 

 

f:id:oharumo703:20171118065908j:image

 

 

正直なところアリスしか価値がない

 

 

 

 

 

 

 

 

11月18日

 

 

はるも